スマートフォン版へ

【北九州記念レース後コメント】レッドアンシェル福永祐一騎手ら

  • 2020年08月23日(日) 18時02分
小倉11Rの第55回テレビ西日本賞北九州記念(3歳以上GIII・芝1200m)は8番人気レッドアンシェル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒8(稍重)。1馬身3/4差の2着に1番人気モズスーパーフレア、さらにアタマ差の3着に10番人気アウィルアウェイが入った。

レッドアンシェルは栗東・庄野靖志厩舎の6歳牡馬で、父マンハッタンカフェ母スタイルリスティック(母の父Storm Cat)。通算成績は19戦6勝。

レース後のコメント
1着 レッドアンシェル(福永祐一騎手)
「いつも手応え良く進むのですが、手応えほど伸び切れていませんでした。ブリンカー装着の効果は、返し馬から顕著に表れていました。良い脚を使ってくれると思っていました。あまりポジションは狙って行かずに、出たポジションで脚を溜めていました。前の馬がどちらに行くか分からなかったので、それを見てから追い出しました。本来のパフォーマンスを発揮できれば、このメンバーでも引けを取らないと思っていました。追ってから頑張り切れないところがありましたが、ブリンカーの効果があって、良い時の走りが戻ってきました。ブリンカー装着は大正解でした。重賞を2つ勝っている馬ですし、GIに向けて順調に行ってくれれば良いですね」

(庄野靖志調教師)
「久しぶりにこの馬らしい、良いところを見せてくれました。今日は精神的な落ち着きもあり、この馬の良いところを久々に見ることができて、嬉しかったです」

2着 モズスーパーフレア(松若風馬騎手)
「良いスピードを持っていますし、楽に逃げられました。最後に止まってしまったのは久々の分かなと思います。次はもっと良くなるかなと思います」

3着 アウィルアウェイ(高野友和調教師)
「内容は良かったと思います。馬の雰囲気が良い落ち着き方をしていて、精神状態の良さがレースに繋がったかなと思います。今後は未定です」

4着同着 クライムメジャー(鮫島克駿騎手)
「メンバー的にも前半速くなると思い、決め打ちのような形で、内ラチ沿いでレースを進めました。終いに勝負しようと思いました。状態も良く、いい脚を使ってくれました。これぐらいの距離なら重賞でも面白いと思います」

4着同着 アンヴァル(北村友一騎手)
「返し馬でもゲート裏でも息の荒いところがあり、行きっぷりはもうひとつながら、終いはよく頑張って伸びています」

6着 トゥラヴェスーラ(武豊騎手)
「直線に向くまでは思い通りのレースでした。あとは伸びればという形でしたが、伸びませんでした」

7着 ジョーカナチャン(菱田裕二騎手)
「ゲートを出てから、2番手でリズム良く運べましたが、あと100mというところで、脚色が鈍くなりました。状態は良かったのですが、これが1000mと1200mの違いでしょうか」

10着 メイショウキョウジ(藤岡康太騎手)
「ゲートが悪いのはいつものことです。重賞で周りの馬が速く、イメージより後ろからになりました。この馬としては良い脚を使っています。クラス慣れしていけばと思います」

11着 ブライティアレディ(幸英明騎手)
「スムーズに捌けないところがありました。そこを上手く行けたら、掲示板はあったかもしれません」

13着同着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「頑張っているのですが、勝ち馬の勢いについて行けませんでした」

16着 ラブカンプー(藤田菜七子騎手)
「速い馬がいて行けませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す