スマートフォン版へ

【新潟2歳Sレース後コメント】ショックアクション戸崎圭太騎手ら

  • 2020年08月30日(日) 18時03分
新潟11Rの新潟2歳ステークス(2歳GIII・芝1600m)は2番人気ショックアクション(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気ブルーシンフォニー、さらに半馬身差の3着に3番人気フラーズダルムが入った。

ショックアクションは栗東・大久保龍志厩舎の2歳牡馬で、父Gleneagles母Reset In Blue(母の父Fastnet Rock)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ショックアクション(戸崎圭太騎手)
「福永騎手から、乗りやすい馬だと聞いていました。レースは、位置をある程度取っていこうと思っていました。バラけると思っていましたし、馬場の良い、丁度良い所を走ることができました。先頭に立ってからも、しっかり最後まで走っていました。まだ緩いところもありますから、先々、もっと良くなると思います。テンションが少し高かったので、落ち着けばと思いますし、レースセンスも良く、楽しみだと思います」

2着 ブルーシンフォニー(田辺裕信騎手)
「前回はスタートが遅くなりましたが、盛り返す内容で、今日も流れに乗り切れませんでしたが、コーナーをロスなく回って、上手く挽回できました。ただ、最後の脚は勝ち馬の方が上でした。先々楽しみです」

3着 フラーズダルム(福永祐一騎手)
「2走目で、スタート後、気が入った感じでしたが、馬の後ろでレースをして、感じは悪くなかったので、どれくらいこの馬場で脚が使えるのか楽しみにしていましたが、勝負所で少し置かれる面がありました。瞬発力というより、長く脚を使うタイプかもしれません。今後の距離、レーススタイル含めて、色々見えてきたレースだと思います」

4着 ファルヴォーレ(岩田康誠騎手)
「現時点では、合格点です。この馬の潜在能力は引き出せたと思います。成長すれば、もっと良いパフォーマンスを見せられると思いますし、良いモノを持っています」

5着 シュヴァリエローズ(M.デムーロ騎手)
「スタートが上手くいきませんでしたし、その後もハミを取らず、ずっと追い通しでした。最後はじわじわ伸びていますが、大変でした」

6着 セイウンダイモス(内田博幸騎手)
「前回1200mで押して押しての競馬をした後で、馬もテンションが高く、また初めての距離、回りもあったと思います。上位3頭には離されてしまいましたが、その他とはそんなに差がなく、くらいついていました」

7着 ロードマックス(岩田望来騎手)
「良い感じで競馬をしてくれました。今後に繋がる競馬はできたと思います」

9着 ハヴァス(丸山元気騎手)
「気持ちが強すぎてしまいます。そこだけですね」

11着 タイガーリリー(三浦皇成騎手)
「1600mでも大丈夫かと思っていましたが、終始掛かりっぱなしで、ロスをしてしまいました。馬の走る気持ちはあり、良くなると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す