スマートフォン版へ

【キーンランドCレース後コメント】エイティーンガール坂井瑠星騎手ら

  • 2020年08月30日(日) 18時05分
札幌11Rのキーンランドカップ(3歳以上GIII・芝1200m)は5番人気エイティーンガール(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(重)。1馬身1/4差の2着に2番人気ライトオンキュー、さらに半馬身差の3着に9番人気ディメンシオンが入った。

エイティーンガールは栗東・飯田祐史厩舎の4歳牝馬で、父ヨハネスブルグ母センターグランタス(母の父アグネスタキオン)。通算成績は16戦5勝。

レース後のコメント
1着 エイティーンガール(坂井瑠星騎手)
「前回は意図的にポジションを取りに行って、今回に繋がる競馬を心掛けました。手応え良く運べて、今回に繋がったと思います。前回、前に出して行ったことで、今日は手応え良く運べました。重馬場は走っていたので、心配ありませんでした。外へ出しても、脚を使ってくれると思っていたので、馬の力を信じて乗っていました。ここ3戦は人気(上位)になりながら結果を出せていませんでしたが、今日はオーナーや調教師をはじめ、関係者の皆さんに感謝を伝えたいです。次に向けて、更にやっていけると思います。また乗せて頂けるなら、頑張りたいです」

2着 ライトオンキュー(古川吉洋騎手)
「満を持して追い出しましたが、この馬場で他に切れる馬が1頭いたということです。この馬も止まっているわけではありません」

3着 ディメンシオン(松田大作騎手)
「狙い通りライトオンキューの後ろにつけることができました。馬の状態も良く、よく頑張っています」

4着 アスタールビー(吉田隼人騎手)
「行く馬がいたので、離しながら馬場の良い所を選んで走れました。直線でも3〜4頭分、馬場の良い外へ出せました。前に行った馬の中で、よく頑張っています」

5着 ヤマカツマーメイド(池添謙一騎手)
「スピードは十分なのですが、道中、最初からモタれるところがありました。そのあたりが改善されると良いですね。3歳牝馬ですが、スプリンターとしての素質を感じます」

6着 ビリーバー(杉原誠人騎手)
「良いスタートは切れたのですが、内枠だったので、外へ出すスペースがありませんでした。直線で内は空いていましたが、今日は外へ出したかったです」

7着 ダイメイフジ(菱田裕二騎手)
「スタートしてから1歩目で脚をとられました。この馬場は厳しく、この枠も響いたと思います」

15着 ダイアトニック(武豊騎手)
「全然進んでいきませんでした。高松宮記念で道悪はこなしていますが、洋芝はまた違います。58kgを背負っていましたが、それにしてもという内容で、外に出しても伸びませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す