スマートフォン版へ

【川崎・芙蓉賞結果】代替開催でただ1頭、新たに参戦したウタマロが突き抜けて準重賞V!

  • 2020年09月01日(火) 20時37分
 1日、川崎競馬場で行われた芙蓉賞(3歳・準重賞・ダ2000m・1着賞金500万円)は、中団から進めた西村栄喜騎手騎乗の3番人気ウタマロ(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)が直線で脚を伸ばして突き抜け、最後は1番人気カスタムオーダー(牡3、船橋・川島正一厩舎)に2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分11秒8(良)。

 6馬身差離れた3着には2番人気ヴァケーション(牡3、川崎・高月賢一厩舎)が入った。4番人気バブルガムダンサー(牝3、船橋・張田京厩舎)は7着、5番人気トーセンタイミング(牡3、浦和・小久保智厩舎)は5着だった。

 勝ったウタマロは父アイルハヴアナザー母ウキヨエその父アグネスタキオンという血統。重賞・クラウンCを含む3連勝で挑んだ東京ダービーは12着だったが、ここで巻き返して準重賞を勝利した。通算成績は9戦5勝。また、先週の開催取り止めの代替開催となった芙蓉賞で、取り止め前の出走馬から唯一新たに参戦したのがウタマロだった。

 本レースの1〜3着馬は9月16日に行われる戸塚記念の優先出走権を獲得した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す