スマートフォン版へ

【2歳馬格付けチェック】ダノンザキッドは将来性抜群!ソダシ白毛馬初G1あるぞ

  • 2020年09月09日(水) 06時02分
 大好評企画が帰ってきた!!「Road to Classic」をコンセプトに、来春のダービーまで現2歳世代を独断で格付け。ランキング形式でお届けします。初回の牡馬トップには“スケール感”を重視してダノンザキッドを指名。一方、牝馬は白毛馬初の芝重賞制覇で話題を集めたソダシがNo.1評価となった。

 まずは牡馬から。将来性を重視して、17年ダノンプレミアムから3年連続で重賞馬を輩出している、3回阪神最終週の芝1800メートル戦組を上位にプッシュする。

 堂々の1位は、勝ち馬ダノンザキッド。発馬、道中とセンスの良さを存分に発揮。直線ではノーステッキで後続を一気に突き放し、ラストは流す余裕を見せて3馬身差の圧勝劇。スケールの大きさはかなりのものだ。

 そして、2着のワンダフルタウンが2位にランクイン。2戦目の新潟未勝利戦(芝1800メートル)で1分46秒5のレコードをたたき出し、8馬身差のV。初戦は出遅れが響いたが、勝ち馬と同じ最速上がりをマーク。脚力は確かなものがある。

 一方、牝馬は実績馬が上位を占めた。1位は札幌2歳Sで白毛馬初の芝重賞制覇を飾ったソダシ。洋芝での2連勝とあって、瞬発力勝負に課題を残すが、型にはまった時の強さは本物だ。白毛初のG1制覇も夢ではない。

 2位には無傷3連勝に敬意を表してヨカヨカを指名。距離の壁はあるかもしれないが、57キロを背負って勝ったひまわり賞の内容は評価できる。3位は札幌2歳S2着のユーバーレーベン。ハイペースの流れを強引にまくって追い上げたが、直線で見せた二枚腰はなかなかのものだった。

 現状はランク外だが、気になっているのが札幌の新馬戦を勝った2頭。まずは名門・藤沢和厩舎のドゥラメンテ産駒キングストンボーイだ。18年皐月賞エポカドーロの半弟。新馬戦は辛勝だったが、手綱を取ったルメールが素質を高く評価していたのは見逃せない。また、オーソクレースは母がG1・2勝馬マリアライトという良血。もともとクズの出ない血筋で、勝ちっぷりからも将来が楽しみ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す