スマートフォン版へ

【地方競馬】新人4人が騎手免許合格 10月1日付で免許交付

  • 2020年09月09日(水) 18時07分
 NAR(地方競馬全国協会)は9日、本年度の第2回調教師・騎手免許試験の新規合格者を発表した。騎手4人が合格し、調教師での該当者はいなかった。第100期騎手候補生からは、七夕裕次郎(19)=浦和・平山真希長江慶悟(20)=笠松・後藤佑耶井上瑛太(17)=高知・打越勇児飛田愛斗(18)=佐賀・三小田幸人=が合格し、10月1日付で免許が交付される。

 七夕は所属が決まった浦和の平山真希厩舎で、地方競馬教養センター入所前に厩務員としてパドックで馬を引いていた。「この経験を生かして、いつかは東京ダービー浦和記念を勝ちたい。目標とする御神本訓史騎手が騎乗して、フジノウェーブが勝った2007年のJBCスプリントの映像を何度も見ています。騎乗スタイルや判断力に憧れます」と抱負を述べた。

 井上瑛太は祖父が紀三井寺競馬で活躍した騎手。現在は高知競馬で、祖母と共に厩務員をしている。「祖父が担当していたメイショウパーシーが2016年重賞の建依別賞を勝って、宮川実騎手ガッツポーズするのが格好良かった」。このレースが騎手を目指すきっかけになった。目標とする高知の宮川実からは「馬に走られるより、格好良く乗れ」とからアドバイスを受けている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す