スマートフォン版へ

サートゥルナーリア、天皇賞・秋を見送りへ レシステンシアは秋華賞回避濃厚

  • 2020年09月11日(金) 21時18分
 サートゥルナーリア(牡4歳、栗東・角居)が天皇賞・秋(11月1日・東京)を見送る可能性が高くなった。現在は、北海道のノーザンファーム早来で放牧中。10日、所属するキャロットクラブのホームページによると、宝塚記念の疲労が抜けるのに時間がかかっている状態で、「現状では期間的に厳しいかな」と担当者。

 また、同ホームページによると桜花賞NHKマイルC2着のレシステンシア(牝3歳、栗東・松下)も調整遅れで秋華賞(10月18日・京都)を見送る見込み。馬の状態を見ながら復帰を目指す方向となっている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す