スマートフォン版へ

【紫苑Sレース後コメント】マルターズディオサ田辺裕信騎手ら

  • 2020年09月12日(土) 18時20分
中山11Rの紫苑ステークス(3歳GIII・牝馬・芝2000m)は5番人気マルターズディオサ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分2秒1(稍重)。1馬身1/4差の2着に10番人気パラスアテナ、さらにクビ差の3着に3番人気シーズンズギフトが入った。

マルターズディオサは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牝馬で、父キズナ母トップオブドーラ(母の父Grand Slam)。通算成績は8戦4勝。

レース後のコメント
1着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「今回は仕切り直しの一戦でした。ここからまたということで、良い休みを取れて身も心も成長してくれました。元々線の細い馬ですから、体が増えるのは良いと思います。あとは距離が問題で、オークスに向かう時は半信半疑でした。

 今日は開幕週でしたので、前に行って、もつかもたないか、正攻法でやってみました。自然に先頭に立つ感じでしたし、あの時点では脚はたまっていました。最後は詰めが甘くなりましたが、押し切れたことは大きかったです。

 今日の状態でこの結果ですから、さらに上積みをもってGIに行けると思います。(秋華賞は)2000mの内回りである程度の位置を取れる馬が有利だと思いますから、楽しみを持って臨みます」

2着 パラスアテナ(武豊騎手)
「大外枠でしたが、うまく流れに乗れました。絶好調という感じではありませんしたが、それでも力は見せてくれましたし、もっと良くなると思います」

3着 シーズンズギフト(C.ルメール騎手)
「良い競馬をしました。ですが、残念ながら直線では凄く内にモタれていました。真っすぐ走れば勝っていたかもしれません。折り合いは凄く良かったですし、能力は凄くあります」

4着 マジックキャッスル(浜中俊騎手)
「春の時よりも、とても落ち着いていました。荒れ馬場は良くないので、今日はギリギリこなしてくれたと思います。競馬の形も良かったです」

5着 ミスニューヨーク(加藤祥太騎手)
「距離は問題ありませんでした。ただペースが遅く、動きたいときに動けませんでした。それでも強いメンバーを相手に力を出しています」

6着 ウインマイティー(和田竜二騎手)
「ゲートで我慢できず、後ろからになりました。展開も向きませんでしたが、4コーナーでは脚を使っています」

9着 スカイグルーヴ(戸崎圭太騎手)
「道中の折り合いに気を付けていたのですが、ゲートを出てから落ち着きすぎていて、気持ちが入っていないようでした。最後も外を回ることになってしまいました」

12着 ラヴユーライヴ(坂井瑠星騎手)
「中2週で、かなりテンションが高くなっていました。前回くらいの雰囲気ならもっとやれる馬です。また改めてですね」

13着 ホウオウピースフル(池添謙一騎手)
「2着馬の後ろにつけて、直線でもその後ろをついて行きたかったのですが、そこから伸びてくれませんでした。道中左に張る癖はありましたが、制御が利かないほど力んでいるわけではありませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す