スマートフォン版へ

【アスター賞】ドゥラモンド無傷連勝飾った 手塚師「ゲート課題。次が試金石」

  • 2020年09月13日(日) 06時03分
 「アスター賞」(12日、中山)

 ドゥラモンド(牡2歳、美浦・手塚)が1番人気に応えた。スタートで後手に回ったが、楽な手応えで4角を回ると、直線で力強く抜け出して無傷の2連勝。

 ルメールは「2度目の競馬でテンションは上がっていたけど、後ろから落ち着いて行って、最後にいい脚を使った」と高く評価。手塚師は「ゲートが課題かな。ギアが上がる感じがいいし、1600メートルの方が良さそう。次が試金石だね」と先を見据えた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す