スマートフォン版へ

【京成杯AHレース後コメント】トロワゼトワル横山典弘騎手ら

  • 2020年09月13日(日) 17時45分
中山11Rの第65回京成杯オータムハンデキャップ(3歳以上GIII・芝1600m)は4番人気トロワゼトワル(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。ハナ差の2着に3番人気スマイルカナ、さらにハナ差の3着に13番人気ボンセルヴィーソが入った。

トロワゼトワルは栗東・安田隆行厩舎の5歳牝馬で、父ロードカナロア母セコンドピアット(母の父ハーツクライ)。通算成績は20戦6勝。

レース後のコメント
1着 トロワゼトワル(横山典弘騎手)
「いつも通り馬のリズムで走らせました。去年より馬が大人しく、冷静に走ってくれて、2番手でも良い感じの走りでした。最後は勝てるタイミングで仕掛けて、馬がよく頑張って勝ってくれました」

2着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「なるべくロスなく前に入れましたが、内と外の差は大きく、今日は試練でした。馬は力をつけています」

3着 ボンセルヴィーソ(木幡巧也騎手)
「この枠ですし、先行力があります。3コーナーから4コーナーで、少し引っ張るところがあったのが痛かったです。中山の重賞で2着があるように、コースの相性も良いのでしょう。ハミをしっかり取って、いつでも動ける体勢でした」

4着 ジャンダルム(藤井勘一郎騎手)
「去年が3着でしたが、今年も同じ展開でした。この時期のコースがあっているのだと思いますが、集中すれば良い走りをします」

5着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「道中狭いところで、内にもたれるところもあって出すのに時間がかかりました。よく脚を使っていますし、よく頑張ってくれました」

6着 アルーシャ(戸崎圭太騎手)
「両サイドから来られて窮屈になりましたが、それにめげずにしっかりと伸びてくれました。今日はポジションを取れなかったのが痛かったです」

10着 アンドラステ(C.ルメール騎手)
「道中スムーズではありませんでした。直線でも、どこにも行けませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す