スマートフォン版へ

鮫島兄弟が狙う節目V 良太はJRA通算298勝 克駿198勝 2人でお立ち台へ

  • 2020年09月18日(金) 09時00分
 節目の勝利が目前に迫る。鮫島良太騎手(33)=栗東・フリー=は先週までにJRA通算298勝、鮫島克駿騎手(23)=栗東・浅見=は同198勝を挙げた。

「ケンカは1回もない」と良太が話すほどの仲良し兄弟。それでも、お互いに「意識していない」と言い切るように、ターフの上ではあくまでも“騎手対騎手”を貫く。

 区切りのVへ-。それぞれに抱く思いはある。「時間がかかり過ぎましたね」と唇をかむのは良太。近年は納得できる成績を残せていないが、それでも「得るものはありました。若い頃は気持ちだけで先走っていたけど、落ち着いてやれるようになった」と、苦難の中にも収穫はあった様子だ。

 一方で克駿は、減量が取れた後も順調に勝ち星を積み重ね、充実感を漂わせる。「200勝は意識するけど、兄より先にという気持ちはない。一頭一頭が勝負なので」と気を引き締めた。

 今週は良太が4鞍、克駿が13鞍に騎乗予定。チャンスをモノにし、兄弟そろってのお立ち台に期待したい。(デイリースポーツ・山本裕貴)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す