スマートフォン版へ

【セントライト記念予想】 狙いは近2年で4頭が馬券になったダービー2ケタ着順馬!? 消去法で菊花賞トライアルを斬る!/JRAレース展望

  • 2020年09月20日(日) 20時33分
 過去10年で馬券になったダービー組は、16頭と過半数以上を占めていました。さらにそのうち、8頭は2ケタ着順大敗から巻き返してきた馬。とくに、近2年の4頭がそのパターンだったので大注目でしょう。そして今年、ダービー組は3頭。そのうち2頭が2ケタ着順馬です。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんなときに役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、アナタの馬券検討をサポートします。

 例えば8-9月の重賞では新潟記念新潟2歳S札幌記念関屋記念レパードSで残った馬2頭がそれぞれで馬券になっています。さらに、【残った馬】のなかから北九州記念アウィルアウェイが10番人気で3着、関屋記念トロワゼトワルが8番人気で2着、レパードSではブランクチェックが5番人気3着、クイーンSレッドアネモスが11番人気で優勝と、消去データをかいくぐって好走を果たしました。

 このように人気馬の取捨だけでなく、穴馬の選択にも活用できるのがケシウマの消去データ。ここでは、セントライト記念の消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件1】
前走4角7番手以下だったディープインパクト産駒(ただし、母父ロベルト系は除く) [0-0-0-11] 複勝率0%
該当馬:サトノフラッグフィリオアレグロ
ダービーからの臨戦馬も多く、人気を集めがちなディープインパクト産駒だが、過去10年の成績は[1-4-2-27]で、勝率は2.9%どまりな点には注意したい。とくに、4角7番手以下と先行力を欠くタイプは割り引きが必要。好走できたのは、近4年で4頭が馬券になっているロベルト系が母父という配合の馬だけだ。今回のディープインパクト産駒は2頭だが、サトノフラッグの母父はグレイソヴリン系、フィリオアレグロの母父はミスタープロスペクター系。いずれもロベルト系ではないため、どちらも人気ならば割り引いてみたい。
(過去の主な該当馬:17年サーレンブラント5人気7着、16年マウントロブソン4人気7着)

 中山の弥生賞勝ちの実績もあるサトノフラッグと、まだキャリア3戦で伸びシロのありそうなフィリオアレグロが消去データに該当しました。ちなみにどちらも、過去10年で[2-5-6-28]と最多好走を果たしているノーザンファーム生産馬。ただし、そのディープインパクト産駒の成績は[0-3-2-9]と下降してしまうので、ブランドイメージほどの信頼度はなさそうです。

 さらに、残りの消去条件は以下よりご覧いただけます。今週から期間限定のお試し価格として300ptとして公開中! 消去法に残った馬を馬券検討にお役立てください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す