スマートフォン版へ

【阪神ジャンプSレース後コメント】タガノエスプレッソ平沢健治騎手ら

  • 2020年09月19日(土) 17時15分
中京8Rの第22回阪神ジャンプステークス(障害3歳以上・JGIII・芝3300m)は4番人気タガノエスプレッソ(平沢健治騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分33秒3(良)。8馬身差の2着に7番人気ケイブルグラム、さらに2馬身差の3着に3番人気ブレイクスピアーが入った。

タガノエスプレッソは栗東・五十嵐忠男厩舎の8歳牡馬で、父ブラックタイド母タガノレヴェントン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は37戦7勝。

レース後のコメント

1着 タガノエスプレッソ(平沢健治騎手)
「ペースが速いのは分かっていましたが、後ろからブレイクスピアーの気配を感じたので、つかまえに行くのが速いかなと思いつつ、動きました。結果強い勝ち方をしてくれました。もともと平地力のある馬です。本場で結果を出していた馬ですが、ローカル場でも結果を出せたことは収穫です」

2着 ケイブルグラム(蓑島靖典騎手)
「いつも通りの競馬で動ける時に動こうと思ってレースに臨みました。今まで未勝利でしたから、道中落ち着くところがありましたが、今日はペースが速かったですからね。それでも飛越がうまく徐々に上がって行って、ずっと脚を使っていますからね。地力があるところを見せてくれました」

4着 サトノエメラルド(高田潤騎手)
「久しぶりの置障害でした。あまりスピード競馬は経験していませんでしたからね。馬はタイミングを取りづらそうにしていました」

7着 フォイヤーヴェルク(森一馬騎手)
「ペースが速くなるのは悪くないかと思っていましたが、今日はあまりにもペースが速くて、道中促しながらというレースでした。促しながらの飛越だと少し乱れるところがあります。でもまだ障害5戦目ですから、まだ成長の余地があります。良い経験になりました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す