スマートフォン版へ

【次走】フィエールマンは天皇賞・秋→有馬記念を検討、熱発でオールカマー回避

  • 2020年09月25日(金) 18時07分
 登録していた27日のオールカマー(GII)を回避したフィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)は、11月1日の天皇賞・秋(GI・東京・芝2000m)から、12月27日の有馬記念(GI・中山・芝2500m)というローテーションを検討していることがわかった。

 所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで24日、発表された。

 フィエールマン父ディープインパクト母リュヌドールその父Green Tuneという血統。2018年の菊花賞(GI)、2019年と2020年の天皇賞・春(GI)の覇者。

 23日に熱発し、翌日には熱は下がったものの、オールカマーは大事をとって回避することとなった。週明けにはノーザンファーム天栄へ放牧に出される予定。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す