スマートフォン版へ

JRAが競馬場のファン入場再開 10月10日から東京、京都、新潟各競馬場で指定席事前購入者のみ

  • 2020年09月30日(水) 19時16分
 JRAは30日、10月10日からの第4回東京競馬、第4回京都競馬、第4回新潟競馬を制限付きの有観客競馬で再開すると発表した。

 入場できるのは事前に開催競馬場の指定席をネット予約で購入した人に限定される。1日あたりの発売席数は東京競馬場が1047席、京都競馬場が778席、新潟競馬場が621席。詳細はJRAホームページで。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月29日から無観客競馬で行われている。以前、新潟競馬場では8月15日から9月6日まで、新潟県内在住で事前に指定席を購入した約600人を入れて行う予定だったが、コロナ禍の影響で断念していた。

 競馬場への入場者は限定されるとはいえ、無敗2冠牝馬デアリングタクトが登場する10月18日の秋華賞(京都)、史上3頭目の無敗クラシック三冠獲りにコントレイルが挑む10月25日の菊花賞(京都)など、ビッグレースがファンの前で実施される。

 コントレイルの主戦で日本騎手クラブ副会長の福永祐一騎手「何よりです。こうやってちょっとずつやっていくしかない。コントレイルも観てもらえるし、デアリングタクトも三冠が懸かっているからね。京都も(改築前で)最後だし。やっぱり観客のいないレースは寂しいものだから。達成感が違う。大きなパズルのピースが欠けている感じだったからね」

 コントレイルを管理する矢作芳人調教師「ファンのみなさんが来場されるのはうれしいこと。人数が制限されるとはいえ、競馬場でレースを観ていただけるのは励みになるし、もちろん歓迎しますよ。どの馬もそうだと思うけど、無観客でなくなっても、これぐらいの人数なら影響はないと思います。コントレイルは3戦目まで有観客で走っていたわけですから。菊花賞でいいレースができるように頑張ります」

 デアリングタクトを管理する杉山晴紀調教師「いずれは有観客になると思っていました。牡馬も牝馬も三冠が懸かっているので、いいタイミングではないでしょうか。デアリングタクトは自分の中にため込む方なので、無観客でも有観客でも、それほど変わらないと思います。ファンのみなさんに、いいレースを観ていただけたらと思っています」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す