スマートフォン版へ

【シリウスS予想】 過去に実績のないコースを消去法で攻略! 不変のデータから浮かび上がってきた傾向とは?/JRAレース展望

  • 2020年10月02日(金) 19時31分
 今年は、阪神2000mから中京1900mに舞台が移ります。じつはこれまで、重賞どころかオープン特別も行われていないコースです。ただし、変わらないだろうと思われる傾向もあります。例えば距離は100m短くなりますが、二度の坂越えに加え、410.7mの長い直線が待ち構えているので、例年と同様にタフなレースになりそうなこと。

 そこで、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』では、過去10年の阪神開催のデータを洗い直すことで未知の中京コース攻略法を導き出し、あなたの馬券検討をサポートします。

 ちなみに、8-9月の【残った馬】の複勝率は30.3%と軸馬に最適。さらにダート重賞に限れば42.9%と数値が上がっているので、今回のシリウスSでも期待してみたいところです。ここでは、消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件1】
3月生まれ(ただし、前走4角先頭馬や1700m以下戦出走馬は除く) [0-0-0-22] 複勝率0%
該当馬:エムオーグリッタカフェファラオキメラヴェリテサクラアリュールミツバ
過去10年で3月生まれは[0-0-3-39]と不振だ。もちろん、2歳や3歳の世代限定戦ならともかく、古馬のレースで生まれ月はもう影響しないのではないか、との声もあるかもしれない。とはいえ、この数字はかなり極端なもの。ならば、あまり知られていない、使われていない切り口で人気馬の評価を落とすのは、もっとも有効な消去データの利用方法だろう。前走で4角先頭や1700m以下戦に出走していた、速さへの対応力を示していた馬以外は少し割り引いてみたい。
(過去の主な該当馬:18年グレイトパール1人気11着、ミキノトランペット4人気8着、ラインルーフ5人気14着、17年ミツバ2人気8着、モルトベーネ4人気11着、16年ミツバ5人気4着)

 予想説明でも触れられているように、感覚的には少し違和感のあるデータかもしれません。しかし、このデータに該当する当日1-5番人気馬の成績は、過去4年で[0-0-0-6]でした。なかなか消しにくい人気馬を、買わずに済むことができるのはかなり魅力的です。しかも、時期的な要素が強そうなので、阪神から中京へのコース替わりによる影響を受けにくい点もポイントでしょう。

 さらに、残りの消去条件は以下よりご覧いただけます。現在、期間限定のお試し価格として300ptとして公開中! 消去法に残った馬を馬券検討にお役立てください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す