スマートフォン版へ

【2歳馬格付けチェック】ポールネイロン能力秘める タイトルホルダー均整取れた馬体

  • 2020年10月07日(水) 06時00分
 「Road to Classic」をコンセプトに、来春のダービーまで現2歳馬世代を独断で格付け。ランキング形式でお届けします。

 牡馬は芙蓉Sを勝ったランドオブリバティが2位にランクイン。体には余裕があり、精神面で幼さを残した状態で2連勝を飾った。時計を要した今開催の中山の芝で2分1秒2のV時計は優秀。将来性の高さを感じた。

 牝馬は大きな順位変動があった。ききょうSを1分21秒1のレコードタイムで逃げ切ったポールネイロンが2位に。2歳戦でレコードが連発した中京の馬場だけに、この数字をうのみにはできないものの、スピードは豊富で、高い能力を秘めているのは間違いない。

 3位にはサフラン賞を勝って2連勝としたサトノレイナス。出遅れてほぼ最後方からの競馬だったが、メンバー最速の上がり3F34秒0で豪快に差し切った。全兄は20年の弥生賞ディープインパクト記念を制したサトノフラッグという点も強調したい。

 牝馬は混戦でレースごとに順位が入れ替わる可能性が高い。今回でランク外となったインフィナイトも、サウジアラビアRCの結果次第で再浮上もある。

 番外編は4日の中山で新馬戦を勝ち上がったタイトルホルダーをピックアップ。半姉が338キロでJRA最少体重優勝の記録を更新したメロディーレーンということで話題を呼んだ。レースでは楽にハナを奪うセンスの良さを発揮し、そのまま押し切る強い内容。馬体重は姉のデビュー時より136キロも重い472キロで均整が取れている。素質は高そうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す