スマートフォン版へ

【海外競馬】ディープインパクト産駒ファンシーブルーが引退、英仏でG1制覇

  • 2020年10月07日(水) 11時18分
 今年の仏オークス(仏G1)、ナッソーS(英G1)を制したファンシーブルー(牝3)が腱の損傷のため、現役を引退することがわかった。

 ファンシーブルー父ディープインパクト母チェンチコヴァその父Sadler's Wells。伯父にG1・6勝馬High Chaparralがいる血統のアイルランド産馬。

 2019年9月18日、アイルランドのエイダン・オブライエン調教師の管理馬として、息子のドナカ・オブライエン騎手を背にデビュー。2歳時は2戦2勝の戦績を残す。

 今年からは調教師として開業したドナカ厩舎に移籍。始動戦の愛1000ギニー(愛G1)2着を経て、仏オークスを制覇。当時21歳のドナカ師に初のG1タイトルをもたらした。さらに7月30日のナッソーSも制し、父ディープインパクトの命日にG1連勝を果たす。

 結果的にラストランとなった9月12日のメイトロンS(愛G1)は3着。その後は10月4日のオペラ賞(仏G1)に出走予定だったが、厩舎で使用していた飼料から禁止薬物が検出されたため、出走を取り消していた。通算成績は6戦4勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す