スマートフォン版へ

豪州の伝説的名騎手が死去

  • 2006年12月21日(木) 20時00分
 現地時間21日、オーストラリアの伝説的名騎手アーサー・“スコービー”・ブリースリー(Arthur "Scobie" Breasley)氏が、脳卒中のため死去した。92歳だった。

 ブリースリー元騎手は、1914年にオーストラリアのワガワガで生まれ、12歳時の26年に騎手デビュー。コーフィールドCを5勝などオーストラリアでの活躍にとどまらず、英国にも進出し、64年英ダービー(Santa Claus)、66年英ダービー(Carlottown)、58年凱旋門賞(Ballymoss)などの大レースを勝ち活躍。オーストラリア人として初の英ダービージョッキーとなり、英国騎手のプレミアシップに4度輝いている。68年に騎手を引退し、通算勝利数は3251を数えた。現在、同騎手の功績を称え、現在ヴィクトリア州では、年間最優秀騎手に対し、スコービー・ブリースリー・メダルをが与えられている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す