スマートフォン版へ

【メイクデビュー東京4Rレース後コメント】シーオブドリームス津村明秀騎手ら

  • 2020年10月17日(土) 14時30分
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は1番人気シーオブドリームス(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒7(稍重)。5馬身差の2着に9番人気ハヤブサユートピア、さらに1馬身半差の3着に4番人気パーティーモードが入った。

シーオブドリームスは美浦・矢野英一厩舎の2歳牝馬で、父ホッコータルマエ母タイキラナキラ(母の父フジキセキ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント

1着 シーオブドリームス(津村明秀騎手)
「内枠だったので、調教師とも相談して、先を考えて砂を被らせるような競馬をしたいと話していました。一番良いところで競馬ができましたし、キックバックも嫌がりませんでした。躊躇せず間を割ってきました。性格が良いですし、最後までしっかり伸びてくれました。今後も楽しみです」

2着 ハヤブサユートピア(大野拓弥騎手)
「敏感なところがありますが、マイペースで運べました。最後までしっかり伸びてくれました。敏感なところが、使っていって慣れてくれれば良いですね」

3着 パーティーモード(北村友一騎手)
「よく最後まで頑張ってくれました。脚は上がりましたが、よく辛抱していました。気が悪そうな雰囲気があるので、そこが気がかりですが、うまく競馬を覚えてくれればと思います」

4着 ファインヒューズ(山田敬士騎手)
「攻め馬では動けていませんでした。それは美浦のウッドチップの馬場が深すぎて、この馬に合わなかっただけです。今日は走りやすい馬場で、坂を苦にせず伸びていました。初戦としては上出来です。こういう競馬が板についてくれば良いですね」

5着 カラハリ(武士沢友治騎手)
「去勢して、騙馬になっているので、競馬に集中していて良かったです。競馬を覚えてくるタイプだと思うので、今後に期待したいです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す