スマートフォン版へ

【菊花賞】コントレイル未知の距離も能力でカバー 偉業目指す矢作師に娘・麗が直撃

  • 2020年10月19日(月) 06時00分
 「菊花賞・G1」(25日、京都)

 秋華賞で無敗の三冠牝馬デアリングタクトが誕生。さあ、お次は牡馬の番だ。無敗のクラシック2冠馬コントレイルを管理する矢作芳人調教師(59)=栗東=に、娘でタレントの矢作麗が直撃インタビューを敢行した。05年の父ディープインパクト以来となる、史上3頭目の無敗三冠が懸かる一戦。歴史的偉業に向けて、トップトレーナーが意気込みを大いに語った。

 ◇  ◇

 -いよいよ三冠の懸かる菊花賞です。皐月賞ダービーを改めて振り返ってください。

 「皐月賞は枠順、馬場状態など、かなり厳しい競馬になった。サリオスは理想的な競馬をしたと思うし、その中で勝ち切れたことが大きかったね。それがダービーへの大きな自信になった。ダービー皐月賞以上に自信があったし、想像していた通りのレースだった」

 -夏を越して、前走は神戸新聞杯。仕上げはいかがでしたが。

 「もちろん100%にはできなかったけど、順調だったので、それで十分と思っていた。負けていない馬なので、負けてはいけない、勝たなきゃいけないっていう命題と、あくまで前哨戦で仕上げ過ぎてはいけないという命題。難しかったけど、思った通りにいった。思った通りにいくところがあの馬の能力の高さだよね」

 -レース内容については。

 「とにかく負担なく勝てたというのが何よりですね」

 -春と比べて、どのあたりが変わりましたか。

 「あまり変わっていないな。変わってないのがいいところだと思うし、あそこまで強いと変わる必要がないと思う」

 -前走後の状態は。

 「大山ヒルズ(鳥取県)に戻せなかったので多少の不安はあったけど、非常に頭のいい馬。それほどテンションが上がらず順調に来た。カイバ食いも戻ったので、予定よりも何日か早く時計を出したぐらいだからね」

 -デビュー以来、中3週というレース間隔は初めてになります。

 「そうだね。ただ、前走の負担が軽かったから。中3週もあったら十分という感じ」

 -改めてストロングポイントを教えてください。

 「神戸新聞杯の4コーナーで一番良く分かることだけど、抜ける時のスピードが速いこと。騎手のサインに瞬時に反応する。スッと抜けられないと前が狭くなることがあるけど、そこのスピードが速いから不利を受けづらい」

 -舞台の京都は初めて。

 「そういえば初めてだね。ドボドボのひどい道悪になるのだけが嫌だな。枠順は内の方がいいけど、それほど気にしていない」

 -未知の距離についてはいかがですか。

 「良馬場でやって普通の競馬をして負ければ、これは距離でしょう。明らかにね。最初から言っているように、適性じゃないことは分かっているので。それでも、能力の高さでクリアしてくれるのでは、と思っています」

 -改めて、矢作調教師にとっての“三冠”とは。

 「シンザンに憧れて、競馬に入った人間ですから。日本人にとって“有馬記念が最後の締め”というのと同じで、特別なものだと思います」

 (続けて)

 「高校生の頃、シンザンの写真を部屋に飾っていたからね。あと、一番印象が強いのは(コントレイルの)お父さんであるディープインパクト。それは間違いない」

 -勝てば、無敗の三冠馬から無敗の三冠馬が誕生することになりますね。

 「ディープは死んじゃったし、さらにお父さんの名声を高めてあげたいと思う」

 -ファンが知らないコントレイルのエピソードを教えてください。

 「よく寝る。それだけオン、オフがしっかりとできていて休めるということ。寝るということは脚元が休まるということだから、寝る馬は大好き(笑)」

 -制限付きとはいえ、当日は有観客競馬です。

 「それだけでも、うれしいこと。もう少し人を入れてもいいのに、と思いますけど。それでも、無観客とは大きく違うので、入ってくれることはうれしい」

 -デイリースポーツの読者にメッセージをお願いします。

 「ダービーを勝ったあたりから、僕らだけの馬じゃないというか、ファンの馬、日本競馬全体の宝だと思っています。大事に育てていますし、どんな競馬をするか、僕も楽しみにしているので、皆さんも楽しみにして応援してください」

 ◆矢作芳人(やはぎ・よしと)1961年3月20日生まれ、東京都出身。父は大井競馬の矢作和人元調教師。開成高校を卒業後、豪州での修業などを経てJRAの厩務員に。その後、調教師試験を14回目にクリアして05年に開業した。数々の重賞タイトルを手にし、12年にディープブリランテダービー初制覇。14年には初の全国リーディングに輝いた。今年は既にJRA・G13勝をマーク。トップトレーナーとして国内外にその名をとどろかせている。

 ◆矢作麗(やはぎ・れい)1989年1月14日生まれ、滋賀県出身。父はダービートレーナー・矢作芳人調教師。京都女子大学在学中の10年にミスキャンパスに輝き、卒業後はタレントとして活躍。現在、競馬専門番組・グリーンチャンネルやラジオ関西、MBS「GOGO競馬サタデー!&サンデー!」などに出演中。特技は茶道。趣味はショッピング、カフェ巡り。身長153センチ。血液型B。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す