スマートフォン版へ

天皇賞・春、阪神初の芝3200メートルで実施 JRA来年度開催日程発表

  • 2020年10月20日(火) 06時00分
 JRAは19日、東京都港区の同本部で関東定例記者会見を開き、来年度の開催日割案を発表した。

 開幕は1月5日の中山と中京。京都競馬場が整備工事に入るため、京都で開催されるG1は全て阪神で行われる。これに伴い天皇賞・春は阪神芝3200メートル(1周目外回り→2周目内回り)に。06年に阪神に外回りができてから初めて芝3200メートルのコースを使用するため、天皇賞前に同距離でのレースが編成される予定となっている。現状、阪神3000メートル戦のフルゲートは16頭だが、菊花賞では18頭がゲートインできるよう調整中。

 夏季は東京五輪期間を考慮して、札幌と函館の開催順を例年と入れ替え、函館と新潟の2場開催に。中京記念は小倉で行われるため芝1800メートルに変更されたが、引き続きサマーマイルシリーズ対象競走となる。

 年末は12月26日に有馬記念、28日に中山でホープフルSが行われる。なお、東スポ杯2歳SはG2、葵SはG3に昇格申請中。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す