スマートフォン版へ

【天皇賞】ブラストワンピース反応しっかり 狙い通りの内容に池添も笑顔

  • 2020年10月23日(金) 06時00分
 「天皇賞(秋)・G1」(11月1日、東京)

 宝塚記念16着以来となるブラストワンピースは、昨年5月の目黒記念以来のコンビ復活となる池添を背に22日、美浦Wでマサノアッレーグラ(5歳1勝クラス)と併せ馬。2馬身先行したパートナーを見ながら、直線では内に潜り込んで一杯に追われて併入した。時計は6F82秒6-38秒7-12秒6。

 久々に感触を確かめた鞍上は、「“1週前だから、しっかり追ってくれ”という指示だったので、ゴールしてからも緩めずに追った。相手が動く馬だったし、負荷はしっかりとかかったと思う」と狙い通りの内容に笑顔をのぞかせた。大竹師も「重い馬場だったのでしまいの派手さに欠けるものの、しっかりと反応していた」と納得の表情。18年有馬記念に続くG1・2勝目へ、徐々に態勢を整えている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す