スマートフォン版へ

【天皇賞】フィエールマン春秋制覇ならず 上がり32秒7も福永「挟まれたのが痛い」

  • 2020年11月02日(月) 06時20分
 「天皇賞(秋)・G1」(1日、東京)

 圧倒的な1番人気に支持されたアーモンドアイが快勝。史上初の芝G1・8勝目を挙げた。2着には5番人気のフィエールマン、3着には2番人気のクロノジェネシスが入った。

 天皇賞・春を連覇中で、盾3勝目と春秋制覇を狙ったフィエールマンだが半馬身届かなかった。スタートから100メートルほど進んだところで、外から内に入る馬の影響で挟まれる形で位置取りが下がり、道中は10番手を追走。直線勝負にかけると、最後はメンバー最速の上がり3F32秒7を駆使してクロノジェネシスは競り落としたものの、アーモンドアイをとらえることはできなかった。

 初コンビの福永は「もう少し前で競馬がしたかったんだけど。挟まれたのが正直、痛かった。クロノとうちのが挟まれて、1列(位置取りが)遅れてしまった」と悔しがりながらも、「最後はよく伸びてくれた。2000メートルでも大丈夫だし、力のあるところは見せてくれた」と健闘をたたえた。

 手塚師は開口一番「残念でした」と切り出すと「もっと、ちゃんとアーモンドアイをマークしたかったけど。ただ、最後は久々に鬼脚を使ったね。(3歳時2着の)ラジオNIKKEI賞を思い出した。負けたけど、力は出し切れた」と気を取り直していた。今後は放牧に出される予定で、有馬記念(12月27日・中山)が視野に入っている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す