スマートフォン版へ

【天皇賞】クロノジェネシス3着 痛いスタート遅れ…北村友「ホントに申し訳ない」

  • 2020年11月02日(月) 06時20分
 「天皇賞(秋)・G1」(1日、東京)

 圧倒的な1番人気に支持されたアーモンドアイが快勝。史上初の芝G1・8勝目を挙げた。2着には5番人気のフィエールマン、3着には2番人気のクロノジェネシスが入った。

 女王交代とはならなかった。2番人気に支持されたクロノジェネシスは、アーモンドアイを上回る末脚で猛追したが3着に散った。

「ほんの少し遅れてしまい、取りたい位置が取れなかった」。スタートのわずかな遅れが命取りになった。発馬直後に両サイドから挟まれると、ズルズルと位置を下げてしまい後方からの競馬に。4角9番手から必死のステッキで鼓舞すると、相棒もその気持ちに応えるように脚を伸ばしたが、届かなかった。

 北村友は「精神的にも落ち着きが出て、集中して走れていました。それだけに心の奥底から、いいポジションで競馬がしたかった。ホントに申し訳ないです」と無念の表情。

 今後はいったん放牧へ出される予定。女王との初対決は苦い経験となったが、宝塚記念で与えた衝撃は本物。この悔しさを糧に、さらに強くなった姿でターフに戻ってくるはずだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す