スマートフォン版へ

【天皇賞】コロナ禍も売り上げ健闘 12頭立てで前年比99・7%

  • 2020年11月02日(月) 06時00分
 「天皇賞(秋)・G1」(1日、東京)

 圧倒的な1番人気に支持されたアーモンドアイが快勝。史上初の芝G1・8勝目を挙げた。2着には5番人気のフィエールマン、3着には2番人気のクロノジェネシスが入った。

 天皇賞・秋の売り上げは215億897万3200円で、前年比99・7%とほぼ横ばい。ただ、昨年はアーモンドアイを含むG1馬10頭の豪華メンバー16頭立てで行われ、売り上げは前年比117・6%と大幅にアップしていた。それを考えると、12頭立てで行われた今年は、コロナ禍でウインズ等も制限付きでの馬券発売の中、健闘したと言える。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す