スマートフォン版へ

【JBCスプリントレース後コメント】サブノジュニア矢野貴之騎手ら

  • 2020年11月03日(火) 21時05分
大井競馬場で3日(曇・やや重)、第20回JBCスプリント(JpnI・1200m)が行われ、中団後方で運んだ8番人気のサブノジュニア(大井)が直線で外から鮮やかに差し切り、父サウスヴィグラスに続いて親子二代でのJBCスプリント制覇を達成した。勝ちタイムは1分10秒7。

1馬身3/4差の2着に好位で運んだ7番人気のマテラスカイ(JRA)、さらに3/4馬身差の3着に後方から追い込んだ3番人気のブルドッグボス(浦和)が入った。4着に初ダートだったモズスーパーフレア(JRA)、5着にキャンドルグラス(船橋)が入り、2番人気だった藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングは6着、1番人気のジャスティンは8着だった。

勝ったサブノジュニア父サウスヴィグラス母サブノイナズマ(その父カコイーシーズ)という血統の6歳牡馬で、大井・堀千亜樹調教師の管理馬。通算成績は36戦12勝、ダートグレード競走初制覇をJBCスプリントで飾った。騎乗した矢野貴之騎手も交流JpnI競走は嬉しい初制覇となった。

1着 サブノジュニア(矢野貴之騎手)
「本当に信じられないです。出走しているからにはもう狙っていたので、ここ地元大井で勝てたことを非常に嬉しく感じます。ここ2戦は、スタートで少しもたつくようなところがあって、そこを注意しながら、良い位置で進められたらと思っていました。

 (直線は)少し窮屈だったのですが、前が開いてくれたら確実に伸びてくれるなと思っていたのですが、まさかあそこまで突き抜けるとは思いませんでした。今非常に充実期を迎えていると思います。元々力のある馬ですが、精神的な強さが目立っていると思います。

 今日はご来場ありがとうございます。まだまだ全員が競馬場に入れるわけではありませんが、地元大井の馬で活躍できたことは非常に嬉しく思っていますし、ファンの皆様のおかげで競馬ができているのもありがたく思っています。これからも頑張りますので、応援をよろしくお願いします。ありがとうございました」

(堀千亜樹調教師)
「早くからJBCを目標に来ていましたから、本当に感無量です。思ったよりもポジションを取れましたし、早く先頭に立つと気を抜くところがある馬ですが、今日はそんな面を出さず、最後までしっかり走り切ってくれました。(大井)生え抜きの馬が本当によく頑張ってくれました。ぜひ今後も、応援をよろしくお願いします」

2着 マテラスカイ(武豊騎手)
「惜しかったですね。向正面でちょっと外からプレッシャーをかけられる形になりました。もう少しゆっくり3コーナーに入りたかったのですが...。でも、力のある所は見せてくれました」

3着 ブルドッグボス(御神本訓史騎手)
「スタートで躓いてしまいました。あの状況ではどうにもならないです。スタートがまともなら、勝っていたレースでした」

4着 モズスーパーフレア(松若風馬騎手)
「雰囲気は凄く良かったですし、ナイターでもいつも通りでした。ただ、ゲートでトモを滑らせてしまいました。そこだけは気をつけていたのですが...。それでも二の脚でカバーしてくれましたし、ダートの走りも良かったです。スタートを決めて抜け出してくることが出来ていれば、結果は違っていたかも知れません」

5着 キャンドルグラス(ミルコ・デムーロ騎手)
「凄く真面目な馬です。スタートもポンと1馬身前へ出ました。ただ、エンジンがかかるのに時間がかかって、前の馬が下がってきた所で進路がなくなったのが勿体なかったです。手前を替えず、直線は少しジリジリとした伸びになっていました」

6着 コパノキッキング(藤田菜七子騎手)
「今日はゲートをしっかり出ましたが、砂を被って嫌がる仕草を見せていて、追走が忙しくなってしまいました。前走よりも凄く落ち着いていて、返し馬も楽だったので良いな、と思いましたが...。最後も前走ほどの感じではありませんでした」

8着 ジャスティン(戸崎圭太騎手)
「まだ揉まれる競馬が板についていなかったことが、敗因になってしまったのかなと思います。前走より雰囲気は良かったのですが...。」

(取材:大関隼)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す