スマートフォン版へ

【JBCクラシックレース後コメント】クリソベリル川田将雅騎手ら

  • 2020年11月03日(火) 21時08分
3日(火・祝)の大井競馬場(曇・稍重)で行われた第20回JBCクラシック(JpnI・ダート2000m)は、3番手を追走していた1番人気のクリソベリル(川田将雅騎手騎乗)が他馬を寄せ付けず2馬身半差の完勝を飾り、国内では無敗の8連勝を達成した。勝ちタイムは2分02秒5。

2着には2番人気オメガパフューム(JRA)、3着には3番人気チュウワウィザード(JRA)が入り、人気順通りの決着となった。4着には9番人気ミューチャリー(船橋)が入って地方馬最先着、5着は5番人気ダノンファラオ(JRA)だった。

勝ったクリソベリル父ゴールドアリュール母クリソプレーズ(その父エルコンドルパサー)という血統の4歳牡馬で、JRA栗東・音無秀孝調教師の管理馬。通算成績は9戦8勝(うちJRA3戦3勝、海外1戦0勝)、重賞はJRA・地方交流合わせて6勝目となった。

<レース後関係者のコメント>
1着 クリソベリル(川田将雅騎手)
「無事にこの馬らしい結果を得ることができて、ホッとしています。返し馬で何も問題なく競馬に向かえる、という感覚が得られましたし、実際の走りもそれ通りでした。

 前半からちょっと力みながらではありましたが、何とか我慢してくれて、その分良いリズムで走って来られて、直線の手応えも抜群に残っていましたし、安心して乗ることができました。多少体がしっかりしたと思うので、少しずつ成長している最中だなと改めて感じています。

 今年の秋はここを始動戦として、次にまた目指すところがあるので、無事にそこに向かえる事を願っています。少しずつお客さんの数が増えている中でJBCを迎える事ができて、大井で行われた3レース、門別で行われたレースを含めて、とても良いレースだったのではないかなと思います。

 地方馬も勝って、JRAの馬も頑張りましたし、また来年も良いJBCになることを願っています」

1着 クリソベリル (音無秀孝調教師)
「負けなかったので嬉しいです。馬は慣れているのでいつもと変わりなかったです。順調に追い切りを消化して良い状態でしたし、(結果も)そういうふうになるだろうと思っていました。

 スタートが決まったのが良かったです。前に2頭が行って、それらを見ながら、いつもより前で競馬していました。我慢して、最後に脚を残していました。ハンデ戦ではなく斤量は他と同じですから、GI馬らしい走りをしてくれました。

 オーナーとはまだ話し合いができていませんが、目標はチャンピオンズカップで、そこで一息入れて、年内はここまでになると思います。来年はサウジカップに行くかどうかですが、まだまだ成長途上の馬ですし、海外でサウジカップのリベンジをしたいです」

2着 オメガパフューム(ミルコ・デムーロ騎手)
「残念です。クリソベリルはバケモノです。どうしても負けてしまいます。私の馬も真面目で、仕事が分かっています。仕上がっていて良い状態でバッチリでした。

 スタートはよく出ていますし、良い所に行きました。流れも速くもなく遅くもなく良かったです。直線に向いて手前を替えて、すごく良い脚を使ってくれました。しかし、相手が強かったです」

3着 チュウワウィザード(クリストフ・ルメール騎手)
「ずっと良い感じでした。3、4コーナーからペースアップしていきましたが、1、2着馬が強すぎました。それでもよく頑張って、結果を出してくれました」

7着 ロードレガリス(武豊騎手)
「スタートが遅かったです。道中も進んで行きません。時々こういうことがあります。悪いパターンでしたね」

9着 サウンドトゥルー(森泰斗騎手)
「馬は結構頑張っていると思います。雨が降って前残りの馬場でした。また体調を立て直して頑張りたいですね」

(取材:米田元気)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す