スマートフォン版へ

メイショウテンゲンで土屋助手 担当馬2週連続Vへ

  • 2020年11月06日(金) 10時00分
 「アルゼンチン共和国杯・G2」(8日、東京)

 誰よりも馬を信じていた。スワンSで約2年半ぶりの重賞Vを果たしたカツジ(牡5歳、栗東・池添兼)。16頭中、単勝143・7倍の11番人気だったが、担当の土屋均助手は「人気はみんながつけるものだから。追い切りも抜群で、もともと能力があるのは分かっていたしね。前走で千二を使ったのも良かった。何もかもがかみ合い、やっとスムーズな競馬ができた」と復活に喜びもひとしおだ。

 今週はもう一頭の担当馬メイショウテンゲン(牡4歳)が、アルゼンチン共和国杯に出走する。「順調だね。以前は競馬でもフラフラするところがあったけど、体幹がしっかりしてきたのか、追ってからブレなくなった。全身を使って走れるようになった」と成長を実感する。19年弥生賞Vは重馬場だったが、「決して雨は得意じゃないと思う。良馬場でもやれるところを見せたい」と意気込む。

 自身初の担当馬による2週連続重賞Vが懸かる一戦。「そんなにうまいこといかんよ。勝ったら神懸かってるわ」と笑い飛ばしながら、「恥ずかしい競馬はしないと思う。今後、使いたいところに使えるように賞金加算してほしいね」とキッパリ。先輩の僚馬から得た勢いも追い風に変え、タイトル奪取を狙う。(デイリースポーツ・大西修平)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す