スマートフォン版へ

【ファンタジーS】“白毛一族”メイケイエール重賞連覇 ソダシと夢対決へ

  • 2020年11月08日(日) 09時00分
 「ファンタジーS・G3」(7日、阪神)

 霧雨の舞う仁川のターフに桜色の風が吹いた。新馬-小倉2歳Sを連勝して臨んだメイケイエールが、4角4番手からしっかりと脚を伸ばし、2歳芝1400メートルのJRAレコード(1分20秒1)で重賞を連勝。暮れの2歳女王決定戦に向けて、力強く歩みを進めた。

「前半から力んで、何とかなだめようとしたけど、抑えが利きませんでした。あれだけロスしたので厳しいかなと思ったのですが…。相当能力があります」と武豊。折り合いに苦しみ、粗削りなレースぶり。それでもゴールを先頭で貫いた。

 1Fの距離延長は何とかクリア。ただ、乗り越えなければならないハードルは残っている。「すごくうれしいですが、課題の残る一戦になりました。暮れのG1へどう導いていくか。いろいろと試していきたいと思います」と武英師が気持ちを引き締めると、導いた鞍上も「今のままでは厳しい。課題は明確なので、そこだけですね。前半ゆっくり走ってくれれば、1600メートルでも大丈夫」と改善点を挙げ次を見据えた。

 母はシラユキヒメの血を受け継ぐシロインジャー。札幌2歳S-アルテミスSを連勝したソダシと同じ“白毛一族”の血が流れている。今後は未定だが、阪神JF(12月13日・阪神)で一族の激突が見られる可能性も十分。頂上決戦は1カ月後。春へとつながる大一番は、まばたき厳禁のビッグマッチになりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す