スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】ノームコア軽快 前走快勝のイメージで挑む

  • 2020年11月12日(木) 06時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(15日、阪神)

 札幌記念を快勝したノームコアが元気いっぱいだ。最終追い切りは11日、美浦Wでの単走追い。折り合いに不安を見せることなく、軽快にピッチを上げていくと、最後の直線も馬なりのままで5F65秒9-37秒2-12秒6をマークした。約3カ月ぶりのレースとなるが、気力・体力面での充実ぶりを印象づける走りだった。

 前走の札幌記念では、大阪杯を制したラッキーライラックをゴール前で一気に差し切る好内容。萩原師は「きれいなレースができた」と高く評価する。エリザベス女王杯は3歳時の18年に出走し、勝ったリスグラシューから0秒6差の5着。今年は阪神開催で初コースとなるが、トレーナーは「どこでも走ってくれるはず」と不安材料には捉えていない。

 「札幌記念を勝たせてもらってから、エリザベス女王杯を使わせてもらおうと思っていた。また、あのパフォーマンスをもう一度という思いでやってきた」と指揮官。2度目のG1制覇で、この馬の底力をアピールする。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す