スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】ラヴズオンリーユー雪辱へ加速一閃 矢作師上積み狙う

  • 2020年11月12日(木) 06時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(15日、阪神)

 府中牝馬S5着からの参戦となるラヴズオンリーユーが11日、栗東坂路を滑らかに加速して真っすぐに駆け上がった。4F55秒9-39秒5-11秒9。ラスト2Fでギアを変え、12秒9-11秒9という加速ラップで締めた。矢作師は「先週はCWで負荷をかけることができたので、ラストだけ伸ばしました。少し前半が遅過ぎた面はありますが、馬場が良かったですし、やればこれぐらい動く馬ですからね」と満足げだった。

 春はドバイに遠征しながら、コロナ禍でレースが中止に。その後は体調が整わず、状態がなかなか上がってこなかった。指揮官は「前走は春に比べて、随分体調が上がっていると感じていたので、正直もう少し走れると思っていました。道悪が敗因の主な部分かと思っています」と理由を挙げ、「順調さを欠くことが多い馬なので、順調に来ることができたのは何よりです」と前を向いた。

 「一番良かったオークスを100点とすると85点から90点に上げてくることができたので、残り3日で少しでも上げられるように努力したい」とトレーナーは貪欲に上積みを狙う。「体調だけですね。ベストのパフォーマンスを出せれば、好勝負になると思います」。19年3着の悔しさをきっと晴らす。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す