スマートフォン版へ

【次走】アーモンドアイはジャパンCでラストラン 三冠馬3頭が競演へ

  • 2020年11月12日(木) 10時58分
 1日の天皇賞・秋(GI)を制したアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は、引き続きC.ルメール騎手とのコンビで、11月29日に東京競馬場で行われるジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)へ向かうことがわかった。このレースをラストランに引退し、繁殖入りする。12日、所属するシルクホースクラブのホームページで発表された。

 アーモンドアイは父ロードカナロア母フサイチパンドラその父サンデーサイレンスという血統。

 3歳時には牝馬三冠に加えて、ワールドレコードでジャパンカップを制覇。今年は天皇賞・秋連覇を果たし、JRA史上初となる芝GI・8勝(海外1勝含む)という大記録を達成した。通算成績は14戦10勝。

 すでに無敗の牡牝三冠馬コントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)、デアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)が参戦を表明しており、三冠馬3頭の対決が実現する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す