スマートフォン版へ

【武蔵野S 枠順データ分析】枠番と馬番の組み合わせに注目

  • 2020年11月13日(金) 10時05分
 14日に東京競馬場で行われる武蔵野S(3歳上・GIII・ダート1600m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが3番。3回で4番、7番、11番、13番が続き、2回が9番、10番、15番となっている。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 0-1-1-17 複勝率10.5% 複勝回収率19%
2枠 3-2-2-12 複勝率36.8% 複勝回収率151%
3枠 1-0-0-19 複勝率5.0% 複勝回収率8%
4枠 1-1-3-15 複勝率25.0% 複勝回収率217%
5枠 0-2-1-17 複勝率15.0% 複勝回収率64%
6枠 3-1-1-15 複勝率25.0% 複勝回収率70%
7枠 1-1-1-17 複勝率15.0% 複勝回収率54%
8枠 1-2-1-16 複勝率20.0% 複勝回収率145%

奇数枠番 2-4-3-70 複勝率11.4% 複勝回収率36%
偶数枠番 8-6-7-58 複勝率26.6% 複勝回収率145%

奇数枠番かつ奇数馬番 1-3-1-35 複勝率12.5% 複勝回収率53%
奇数枠番かつ偶数馬番 1-1-2-35 複勝率10.3% 複勝回収率19%
偶数枠番かつ奇数馬番 3-4-7-25 複勝率35.9% 複勝回収率257%
偶数枠番かつ偶数馬番 5-2-0-33 複勝率17.5% 複勝回収率37%

 まず、2枠が最多タイとなる3勝上げ、複勝率では最高値を記録しているが、馬番別の内訳では、2枠2番「0-0-0-1」、2枠3番「0-2-2-5」、2枠4番「3-0-0-6」と趣が異なる。

 興味深い傾向と言えるのが枠番と馬番の組み合わせで、人気薄の激走は偶数枠番かつ奇数馬番である場合が多い。昨年においても4枠7番のワンダーリーデルが9人気で勝利しており、13人気3着と激走したダノンフェイスは8枠15番だった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す