スマートフォン版へ

【武蔵野Sレース後コメント】サンライズノヴァ松若風馬騎手ら

  • 2020年11月14日(土) 17時18分
東京11Rの武蔵野ステークス(3歳以上GIII・ダート1600m)は3番人気サンライズノヴァ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒0(良)。3/4馬身差の2着に11番人気ソリストサンダー、さらに1馬身1/4差の3着に8番人気エアスピネルが入った。

サンライズノヴァは栗東・音無秀孝厩舎の6歳牡馬で、父ゴールドアリュール母ブライトサファイヤ(母の父サンダーガルチ)。通算成績は30戦10勝。

レース後のコメント
1着 サンライズノヴァ(松若風馬騎手)
「終始手応え良く回ってこられました。こういう大味な競馬が良いタイプです。58キロを背負っていましたが、59キロでも勝っていますし、馬格もあるので、強気に行きました。直線では、これで届くのかなと思いましたが、しぶとく脚を使いました。このまま無事に行って欲しいです」

(音無秀孝調教師)
「この馬はこういう競馬しかないですね。今日は4コーナーでもあせっていなかったですし、良かったと思います。権利をいただいたので、次走はチャンピオンズカップに向かう予定です」

2着 ソリストサンダー(北村宏司騎手)
「惜しかったです。最後内にモタれた分、勝ち馬に追い付かれました。それでも自分のリズムを守って、よく伸びてくれました」

3着 エアスピネル(三浦皇成騎手)
「良いところにつけて、前もうまくあいてくれました。結果的にスムーズに行きすぎて、長く脚を使うことになってしまいました」

5着 タイムフライヤー(C.ルメール騎手)
「今日は反応が遅かったです。勝負どころで前に入られて、怖がっていました。フルパワーを使えませんでした。スムーズなレースができれば、勝つことができたと思います」

7着 モズアスコット(横山武史騎手)
「斤量が重かったです。直線で前走のような反応がありませんでした。残り2ハロンで脚が上がっていました。やはり59キロの斤量ですね」

14着 デュードヴァン(M.デムーロ騎手)
「久しぶりで少しイライラしていました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す