スマートフォン版へ

【デイリー杯2歳Sレース後コメント】レッドベルオーブ福永祐一騎手ら

  • 2020年11月14日(土) 17時36分
阪神11Rのデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・芝1600m)は1番人気レッドベルオーブ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒4(良)のレコード。アタマ差の2着に2番人気ホウオウアマゾン、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気スーパーホープが入った。

レッドベルオーブは栗東・藤原英昭厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト母レッドファンタジア(母の父Unbridled's Song)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 レッドベルオーブ(福永祐一騎手)
「とても速いタイムが出やすい馬場状態で、速いタイムの決着になるかなと思っていました。思った以上に厳しい戦いで、走破時計も速い決着になって、相当疲労が溜まっている感じでした。厩舎でしっかりケアしてもらって、次の戦いに備えてもらいたいです。

(レースでは)頭を上げていましたね。調教では見せなかったのですが、次への修正点として、厩舎と話し合って改善したいです。大きいレース、GIで活躍できると思いますし、ここ2戦は素晴らしい脚です。次が楽しみです」

2着 ホウオウアマゾン(松山弘平騎手)
「スタート良く出て、良い形で脚を溜めて運べました。着差が着差だけに、もう少し何としたかったのですが......。でもよく頑張って力を見せてくれました」

3着 スーパーホープ(川田将雅騎手)
「リズム良く走ってくれて、現状できる精一杯の力を出してくれました」

4着 ビゾンテノブファロ(原優介騎手)
「ここ3戦乗せていただいていますが、使うたびに行儀の面でも良くなり、レースセンスもどんどん良くなっています。ずっと1200mで使っていた馬なので、折り合いは前半苦戦しましたが、うまく後ろから運びました。状態もどんどん良くなって、先々が楽しみです」

5着 カイザーノヴァ(坂井瑠星騎手)
「馬場は時計が速く、ゲートを出てあの位置(3番手)からのレースでした。道中まだ手前を替えなかったりと幼さがありますが、その辺りが解消されれば、もっと反応が良くなってくると思います」

8着 スーパーウーパー(武豊騎手)
「1600mだと引っ掛かってしまいます。1200mもそうですが、ダートも試してみたいですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す