スマートフォン版へ

【デイリー杯2歳S】レッドベルオーブ驚異のレコードV たたき合い制し重賞初制覇

  • 2020年11月15日(日) 06時03分
 「デイリー杯2歳S・G2」(14日、阪神)

 終わってみれば驚異のレコードVだった。単勝1・3倍と圧倒的な1番人気のレッドベルオーブだったが、序盤は行きたがり、福永がなだめながらの追走。それでも余力十分に5番手で直線に向くと、迷わずに内を突いた。残り300メートル手前からは、三冠ジョッキー2人によるたたき合い。最後は外ホウオウアマゾン=松山との一騎打ちを首差で制した。

 勝ち時計1分32秒4は、19年の阪神JFレシステンシアがマークした記録を0秒3更新するもの。未勝利戦に続くレコード決着に、鞍上は「速い時計が出やすい馬場状態で、ある程度速い決着になると思っていた。G1で活躍できる馬だと思うし、この2戦は素晴らしい走り。次も楽しみ」と、今後の飛躍を期待した。

 19年覇者レッドベルジュールとの兄弟制覇も達成。兄も管理した藤原英師は「内を突いて同じような勝ち方だったな。どっちも能力がある」と高く評価する。一方で、「まだ幼いし、能力に体がついてきていない。折り合いや精神面にも課題があるが、課題はあった方が修正しやすいから」と、さらなる成長を求めた。

 今後は、朝日杯FS(12月20日・阪神)やホープフルS(12月26日・中山)などの大舞台も控えるが、師は「まず馬をチェックしてから」と慎重に状態を見極めるつもりだ。喉の異常などでわずか3戦で引退した兄の思いも胸に刻み、連勝街道を突き進んでいく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す