スマートフォン版へ

【福島記念レース後コメント】バイオスパーク池添謙一騎手ら

  • 2020年11月15日(日) 17時10分
福島11Rの第56回福島記念(3歳以上GIII・芝2000m)は2番人気バイオスパーク(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。クビ差の2着に1番人気ヴァンケドミンゴ、さらに1馬身差の3着に5番人気テリトーリアルが入った。

バイオスパークは栗東・浜田多実雄厩舎の5歳牡馬で、父オルフェーヴル母ナナヨーティアラ(母の父マイネルラヴ)。通算成績は25戦5勝。

レース後のコメント
1着 バイオスパーク(池添謙一騎手)
「リズム良く運ぶことを頭に入れて、良い形で我慢することができました。あとは勝負どころをどう乗るかを考えながら進めました。元々折り合いは大丈夫な馬だと思っていましたし、そこは気にしていませんでした。前が引っ張っていたので、後は仕掛けどころを、間違えないようにと思っていました。少し内で窮屈になるシーンはありましたが、上手くクリアしてくれて、直線もしっかり伸びてくれました。2着馬も来ていたので、何とか我慢してくれと思って追っていました。本当に嬉しいです」

2着 ヴァンケドミンゴ(酒井学騎手)
「福島は得意ですし、焦って乗らなくて良いと思っていました。前走がある程度ついて行けるような行きっぷりでしたし、今日も思ったよりも前で、前を射程圏に入れた位置を取れました。勝ち馬を見つつ、勝負どころで外へ切り返して、勢いをつけながら行って、しっかり脚を使ってくれました。地力を強化していますし、今なら福島以外でもしっかりと競馬ができると思います」

3着 テリトーリアル(石川裕紀人騎手)
「結果的に勝ちに行き過ぎたかもしれません。この馬の持ち味を活かす競馬をしましたが、逃げた馬がもう少し粘ってくれれば良かったですね。早めに先頭に立つ形で、目標にされてしまった分が響きました」

4着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「形良く4コーナーを回ってきて、来る!と思いました。直線も凄く良い感じでした。最後に一杯になったのは斤量でしょう。この年齢の牝馬に56kgはきつかったです。54kgくらいなら際どかったと思います。でも、よく頑張ってくれました」

5着 ウインイクシード(松岡正海騎手)
「1、2着馬が後ろにいて、いつでも動ける位置でした。この馬の特徴を活かして、ベストな競馬ができました。休み明けでしたし、使って体調も上向くと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す