スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯レース後コメント】ラッキーライラック C.ルメール騎手ら

  • 2020年11月15日(日) 17時45分
阪神11Rの第45回エリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は1番人気ラッキーライラック(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒3(良)。クビ差の2着に5番人気サラキア、さらにクビ差の3着に3番人気ラヴズオンリーユーが入った。

ラッキーライラックは栗東・松永幹夫厩舎の5歳牝馬で、父オルフェーヴル母ライラックスアンドレース(母の父Flower Alley)。通算成績は18戦7勝。

レース後のコメント
1着 ラッキーライラック(C.ルメール騎手)
「本当に強い馬です。2歳からトップレベルで走ってくれていましたし、勝つ自信がありました。18番枠からで、結構きつかったと思いましたが、良いレースでした。馬が冷静に走ってくれましたし、普通に良い脚を使ってくれました。早めにハナに立ちましたが、強いのでゴールまで頑張ってくれました。ラッキーライラックは結構タフな馬で、止まりませんでした。よく頑張りました。嬉しく思います」

(松永幹夫調教師)
「連覇ができて本当に嬉しいです。なかなかこういう馬に巡り合うものではないですからね。18番枠でしたが、気にしないようにして、良いように考えていました。いつもと違って、脚を溜められて我慢も効いていました。折り合いがついて良い走りでした。手応え良く上がって行けました。(抜け出すのが)一瞬早いと思いましたが、騎手が考えてくれているのだろうと思って見ていました。最後は詰め寄られてヒヤヒヤしましたが、全てが上手く行ったと思います。状態が良いので、今後はオーナーサイドと相談したいと思います」

2着 サラキア(北村友一騎手)
「凄く落ち着いていて、良い雰囲気でした。レースでもかかることなく、有力馬の後ろでリラックスしていました。勝負どころで勝ち馬が動くのは見えました。でもこの馬にはそこまでは早いと思い我慢しました。この馬の特性を理解した上で、乗ったので悔いはないです」

3着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「頑張ってくれました。3コーナーのところでスムーズに行けて良かったのですが。ペースが落ちて、そこで勝ち馬が先に行きました。思った以上に直線は良い脚を使ってくれました。つかまえられると思いましたが、坂で止まってしまいました」

4着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「やりたいレースはできました。状態は前走と変わりませんでした。今回もテンションは高かったですね。今回は前に馬を置いて、競馬をしてみようということで、あと内にこだわって運びました。この馬の力は見せられました」

5着 センテリュオ(戸崎圭太騎手)
「スタートは出てくれて、それからこの馬の形というか、良いところを取りたかったのですが、後ろになってしまいました。最後はスムーズに前に来られた馬たちの後ろから伸びているので、もう少しポジションが前なら違っていたと思います」

6着 ソフトフルート(福永祐一騎手)
「スタート良く、楽にいい位置が取れて、リズム良く運べました。直線もスペースを見つけて伸びました。でもジリジリという感じでした。上手く立ち回れることはできました」

7着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「スムーズに良い走りをしてくれました。全力で走り切ってくれました。これが来年に向けて、良い競馬になってくれればと思います」

10着 ミスニューヨーク(加藤祥太騎手)
「パンパンの高速馬場と外枠が気にはなりましたが、良い位置で競馬ができました。最後は切れ負けでしたが、この強敵相手に、よく食らいついてくれました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す