スマートフォン版へ

【東京スポーツ杯2歳S展望】後の活躍馬を数多く輩出してきた出世レース

  • 2020年11月18日(水) 06時00分
 昨年の覇者コントレイルは今年無敗のクラシック三冠を達成。また、それ以前にもワグネリアンサトノクラウンイスラボニータディープブリランテサダムパテックローズキングダムナカヤマフェスタなど後の活躍馬が多く輩出されてきた。2歳戦屈指の出世レースだ。

1.決め手勝負になりやすい

 より短い距離に適性がある馬は前週までの京王杯やデイリー杯に向かうため、中距離タイプが揃う東京スポーツ杯はスローペースになるのが通例。レースの上がりは速く、末脚のキレが問われるレースになることが多い。

2.上がり3F33秒台の経験が必要

 過去10年の勝ち馬10頭中8頭は、それ以前に上がり3F33秒台の末脚をマークした経験があった。また、いずれの勝ち馬も前走は控えて上がり1〜2位の上がりを使っていた。

3.キャリア数に注目

 過去10年、キャリア数が1〜2戦の馬は[7-10-7-46]で複勝率34.3%なのに対し、キャリア3戦以上だった馬は[3-0-3-50]で複勝率10.7%。それまでの経験数より、素質を重視したい。


 ドゥラヴェルデは7月に新潟芝1800mの新馬戦で、上がり3ハロン33秒1の末脚を発揮して快勝。もたれる面は見せていたが、鋭く伸びて2着を3馬身差突き放しており高い能力があるのは間違いないだろう。入厩後は順調に調整が進み、休み明けでも力を出せる態勢にある。ここも期待したい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す