スマートフォン版へ

【マイルCS】栗東レポート インディチャンプ(福永騎手)

  • 2020年11月18日(水) 18時31分
◎22日(日)阪神競馬場で行われる第37回マイルチャンピオンシップ(GI)に出走を予定しているインディチャンプ(牡5、音無)について追い切り後の福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

・(二週前の追い切りは)初めてCWコースで追い切る形でしたが、いい動きでした。強い負荷をかけることも目的で、それが出来たことでもいい追い切りでした。(普段の坂路追いと比較して)長い距離を走るので、より強い負荷がかけられた気がします。

・(一週前の追い切りは坂路でしたが)しっかりやっておいて欲しいと言う指示でしたのでびっしりやりました。タイムも優秀でいい動きでした。

・(マイラーズカップを勝った春と比較して)当初予定だったスプリンターズステークスを使うことができなかったので、そのへんがより強い負荷をかけている要因の一つだとは思います。GIなんで手加減しても仕方ないという音無調教師の判断もあったと思います。二週前、一週前と強い負荷をかけてきました。その後も異常なくきているようです。調教の動きからは春よりいい動きをしていると感じました。

・昨年の秋ごろからは馬体に関しては完成されてきたなというイメージがあります。そこからはいい結果を出し続けてきてはくれていますからね。

・今年もメンバーが揃いましたが昨年のマイルのチャンピオンとして、いい結果を出せるように頑張っていきたいと思っています。

・(阪神競馬場は)以前は右回りだと少し内側にもたれる面がありました。 その点はすでに解消されています。以前阪神競馬場で右にもたれながらも強いパフォーマンスを見せてくれました。今は問題ありません。

・流れに左右されないどんなレースでも出来るタイプです。休み明けがレースのポイントになりそうです。これまで休み明けの成績は芳しくありませんからね。叩き良化型の馬ですからね。厩舎サイドではそれを踏まえた調整方法をとってもらっています。いいコンディションで出走できると思います。素晴らしいレースになるように頑張りたいと思います。

取材:檜川彰人

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す