スマートフォン版へ

【マイルCS】栗東レポート レシステンシア(松下調教師)

  • 2020年11月18日(水) 18時34分
◎22日(日)阪神競馬場で行われる第37回マイルチャンピオンシップ(GI)に出走を予定しているレシステンシア(牝3、松下)について追い切り後の松下武士調教師のコメントは以下の通り。

・(今回のローテーションについて)前走後骨折が見つかりました。それで北海道のノーザンファームに戻して手術を行いました。秋華賞に間に合えばと言う話もありましたが、状態的に厳しいのではないかということでマイルCSに駒を進めました。

・(10月以降の状態は)中旬に栗東トレーニングセンターに帰厩してそこから順調に、思い通りに調整できていると思います。

・(成長面は)今回帰厩してからは510キロ台で馬体も成長していると思います。(メンタルは)今回レース(間隔)が空いているということがありますが落ち着いています。春は連戦になって少しピリッとする感じでしたからね。

・(中間の調教は)動きに関しては申し分ありません。

・(今週の最終調整は)先週と同じく坂路で行いましたが、入りは先週と同じような感じで最後は流すような感じで行いました。もともと調教自体動くので今日ぐらいは動く馬です(52.0-12.0)。申し分ない動きだと思います。

・(以前との状態の比較は)今回が久しぶり。本来なら理想はひと叩きして本番です。馬の状態に関しては太め感も無く動きも申し分ないので楽しめる状態でレースに送り出せると思います。

・メンバーも揃っていますし、このメンバーの中でどれだけやれるのかと言うことを楽しみにしています。ファンの方には春から成長した姿をお見せ出来ると思います。応援よろしくお願いします。

取材:檜川彰人

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す