スマートフォン版へ

【次走】ラッキーライラックは有馬記念を視野に

  • 2020年11月18日(水) 20時56分
 15日のエリザベス女王杯(GI)で連覇を達成したラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は18日、滋賀県のノーザンファームしがらきへ放牧に出された。次走は、12月27日に中山競馬場で行われる有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)を視野に入れる。

 所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで、18日に発表された。

 ラッキーライラックは父オルフェーヴル母ライラックスアンドレース、母の父Flower Alleyという血統。

 GIはエリザベス女王杯連覇のほか、今年の大阪杯、2017年の阪神JFを制している。中山コースは中山記念(GII)で2年連続2着。通算成績は18戦7勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す