スマートフォン版へ

【ジャパンC】デアリングタクト抜群 天井知らずの上昇カーブ!松山「非常に楽しみ」

  • 2020年11月19日(木) 06時00分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 世紀の一戦へ向けて18日、コントレイルデアリングタクトの両3歳三冠馬が栗東CWで1週前追い切りを行った。6F81秒8とタイムこそ及第点だったコントレイルだが、僚馬2頭に後れを取る内容に、矢作師はやや不満げ。一方、デアリングタクトは抜群の動きを披露した。

 歴史的ビッグレースへ向けて、無敗の三冠牝馬デアリングタクトが、天井知らずの上昇カーブを描いている。

 主戦の松山を背に栗東CWで単走。馬なりのまま、6F81秒2-37秒6-11秒7と抜群のタイムを計時した。杉山晴師は「変に折り合いがつき過ぎず、走る気持ちを感じる中で、コントロールができていた」と満足げだ。

 秋華賞制覇から1カ月。ポイントは疲労が残っているかどうか。ただ指揮官、ジョッキーともに口をそろえて「使って上積みを感じる」と不安を一蹴した。そして松山は、よほど手綱越しの感触が良かったのか、「体を柔らかく使えて、乗った感じに安定感があった。非常に楽しみ」と手応えを口にした。

 「三冠の中で、一番強かったのがオークス」。両者の意見が一致したように、東京2400メートルの舞台は大歓迎だ。トレーナーが「ローテ、そして斤量とアドバンテージは少なからずある。善戦以上を」と期待を寄せれば、主戦も「“勝ちたい”という気持ちが強いし、ここを勝った馬が一番と思っているので」とレースを心待ちにする。決戦まで残り10日。頂点獲りへ、準備を進めていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す