スマートフォン版へ

【ジャパンC】コントレイルちょっぴり不満 動き&タイム悪くないけど…僚馬に遅れ

  • 2020年11月19日(木) 06時00分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 世紀の一戦へ向けて18日、コントレイルデアリングタクトの両3歳三冠馬が栗東CWで1週前追い切りを行った。6F81秒8とタイムこそ及第点だったコントレイルだが、僚馬2頭に後れを取る内容に、矢作師はやや不満げ。一方、デアリングタクトは抜群の動きを披露と、天井知らずの上昇カーブを描いている。

 決して動きは悪くない。ただ、本当にこの動きでいいのだろうか-。無敗の三冠馬コントレイルの1週前追い切りは、賛否が分かれる内容となった。

 主戦の福永を背に、栗東CWで3頭併せ。ジャパンダートダービーダノンファラオ(3歳オープン)が先陣を切り、札幌2歳S3着のバスラットレオン(2歳1勝クラス)が続く。コントレイルは僚馬2頭を見ながら余裕の手応えで直線へ。“どれだけ突き放すのか?”と誰もがそのシーンを思い描いていたのだが…。

 気がつけば、ラスト1Fのハロン棒。まだかわし切れていない。鞍上がやや強めに促すも、なかなか差が縮まらない。結局、半馬身遅れたままゴールへ。6F81秒8-38秒0-11秒7とタイムは合格点だが、見栄えという点ではやや物足りない印象を受けた。

 動きを見守った矢作師は「遅れたのは不満。きょうの段階ではもう一段、上げないと」とため息をついたが、決戦まではまだ時間がある。「十分に時計は出ている。相手も動く馬で、向こうが先行しているからな」と分析し、このひと追いでの良化に期待した。

 騎乗した福永の感触も悪くない。「予定通り。優秀なタイムが出ているし、馬も元気。気になるところはないし、順調に調教を消化できているのが何よりです」と“不安なし”を強調する。今秋の東京芝は傷みが目立つが「そのレベルの馬じゃない。馬場とか、天気とかは考えてない」ときっぱり。無敗の三冠馬の力を信じて、真っすぐに頂上決戦を見据えている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す