スマートフォン版へ

【ジャパンC】ワールドプレミア動きに及第点 友道師「しっかりと動けていた」

  • 2020年11月19日(木) 06時00分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 11カ月半ぶりに実戦復帰するワールドプレミアは18日、栗東坂路で4F52秒1-38秒2-12秒8をマーク。合わせたメラーキ(3歳1勝クラス)に1馬身先着した。友道師は「馬場が重いけど、しまいはしっかりと動けていた」と及第点を与えた。

 久々にコンタクトを取った武豊は「攻めで動くタイプではないけど、思ったよりも動いたね。ただ、息は苦しそうだったので、休み明けという感じはする」とジャッジする。

 7戦して全て3着以内の堅実派。高いテンションとうまく向き合いながら結果を残してきた。「気性は変わっていないけど、力強くなっている。復帰を待っていた馬なので楽しみです」と、ジャパンC4勝の第一人者は期待を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す