スマートフォン版へ

【東京スポーツ杯2歳S 血統データ分析】ディープインパクト産駒不在で新興勢力の台頭なるか

  • 2020年11月19日(木) 14時00分
 23日に東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳S(2歳・GIII・芝1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる10回の馬券絡みがディープインパクト。次点で2回のフジキセキキングカメハメハハーツクライが続く。

 ジャスタウェイ産駒は「0-0-0-2」。18年に2人気の支持を受けたヴェロックスは馬券にこそ絡めなかったが、勝ち馬からハナ、アタマ、ハナ差4着の惜敗だった。今年は上位人気を担うダノンザキッドが出走を予定しているため、改めて種牡馬としての真価を問われるだろう(同産駒のコース成績は「4-5-2-36」勝率8.5%・複勝率23.4%)。

 初出走となるドゥラメンテ産駒はジュンブルースカイタイトルホルダードゥラヴェルデレインフロムヘヴンの4頭が出走予定。父は東京芝1800mで「2-2-0-0」という戦歴を残し、15年共同通信杯では2着の実績を持つ。産駒は同コースで好走例がないものの、まだまだサンプルも少ないだけに見限りは早計だ(同産駒のコース成績は「0-0-0-6」勝率0.0%・複勝率0.0%)。

 キングカメハメハ産駒は「1-0-1-2」。12年コディーノは当時の2歳日本レコードで快勝。今年はプラチナトレジャーが出走を予定しているが、同馬はコディーノと同牝系の間柄でもある(同産駒のコース成績は「43-35-32-270」勝率11.3%・複勝率28.9%)。

 ハービンジャー産駒は「1-0-0-3」。18年ニシノデイジーは8人気の低評価を覆す走りで4頭横並びの大接戦を制してみせた。また、同馬の付けた単勝38.4倍というオッズは、現行コースで行われたなかでは最高値を記録している。同産駒からはモメントグスタールモリノカンナチャンの2頭が出走予定(同産駒のコース成績は「15-12-13-141」勝率8.5%・複勝率22.1%)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す