スマートフォン版へ

【マイルCS予想】 春の王者か、3歳の新星か、前年の覇者か? 消去法が選ぶマイル王は!?/JRAレース展望

  • 2020年11月20日(金) 20時33分
 春の安田記念で後続に0.4秒差の快勝を演じたグランアレグリアが、スプリンターズSを勝ってここに臨んできました。一方、それに挑むのは3歳トップホースの新星サリオスです。どちらも阪神マイルのGI優勝経験があり、京都からの舞台替わりに不安はありません。さらに、前年の覇者インディチャンプや、香港を含むマイルGI3勝のアドマイヤマーズも参戦と、まさに真のマイル王決定戦となりそうな予感。果たして、消去法のジャッジは!?

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんなときに役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、アナタの馬券検討をサポートします。

 ちなみに先週の福島記念では、【残った馬】のバイオスパークヴァンケドミンゴテリトーリアルの3頭で決着し、3連単万馬券が的中! 先々週の京王杯2歳Sでも、【残った馬】のモントライゼロードマックスで馬連61.4倍を仕留めています。

 またGIでは、先週のエリザベス女王杯で【危険な人気馬】となった2番人気のノームコアが16着に沈んだ一方、【残った馬】の1番人気ラッキーライラックと3番人気ラヴズオンリーユーが1着3着とキッチリと好走しました。

 さらに【残った馬】では、天皇賞・秋で1番人気アーモンドアイと5番人気フィエールマンが、菊花賞では1番人気コントレイルと4番人気アリストテレスが、秋華賞では1番人気デアリングタクトと9番人気ソフトフルートがそれぞれ馬券になっています。ここでは、マイルCSのケシウマの消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件1】(データは過去10年の京都開催を参照。ただし本年は阪神開催)
レース間隔中9週以上の5歳以上馬(ただし、外国人騎手騎乗馬は除く) [0-0-0-10] 複勝率0%
該当馬:インディチャンプブラックムーンメイケイダイハード
過去10年では、レース間隔中9週以上の休み明けの馬の成績は[1-0-1-13]で、強くは推しにくい。とくに休み明けでのパフォーマンスが落ちる傾向の強い5歳以上馬は割り引きたい。ただし、外国人騎手という強力なカードを切ってきた期待馬は例外だ。

 上位人気が予想されるインディチャンプが消去データに該当しましました。昨年は、安田記念マイルCSを制してマイル王に輝いている実績馬です。しかし、その戦績を精査してみると、中9週以上の休み明けという条件では[1-0-2-2]と、鉄砲駆けしないことが浮かび上がってきます。休養明け2戦目では[4-0-0-1]と好成績で、叩かれて上昇するタイプであるのは明らかだけに、少し疑ってみる手はありそうです。

 さらに、残りの消去条件は、『パーフェクト消去法』にて公開中です。果たして、人気で消えるのはどの馬なのか? はたまた、注目の穴馬は? ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す