スマートフォン版へ

エーシンジーライン産駒が2世代目でJRA初出走、日曜阪神5Rのエイシンニーダー

  • 2020年11月20日(金) 17時38分
 エーシンジーライン(牡15)の産駒が、22日の阪神5R(2歳新馬・芝2000m)でJRA初出走を迎える。

 デビューするのはエイシンニーダー(牡2、栗東・中尾秀正厩舎)。母エーシンオマーン、母の父アグネスデジタル、3代母が1994年スポニチ賞金杯(GIII)覇者エイシンテネシーという血統。鞍上は北村友一騎手

 エーシンジーライン父Giant's Causeway母レディダンズ、母の父Danzigという血統。

 現役時代は2012年の小倉大賞典(GIII)を制覇。鞍上の川須栄彦騎手にとっても初タイトルとなった。その後も10歳の2015年12月まで現役を続け、障害競走でも3勝をあげた。通算成績は66戦9勝。

 2016年から栄進牧場で種牡馬入り。現3歳世代の初年度産駒は4頭で、現2歳世代は2頭。地方競馬では3頭が勝ち上がっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す