スマートフォン版へ

【JRA】外回り→内回りの阪神芝3200mで来年2月に松籟Sを実施、天皇賞・春と同コース

  • 2020年11月23日(月) 18時23分
 23日、JRAが「2021年度春季競馬番組」を発表。京都競馬場の整備工事に伴い、今年に引き続き、多くの番組が変更される。

 2月27日の阪神競馬場では、1周目外回り→2周目内回りの芝3200mで、松籟S(4歳上・3勝クラス・ハンデ)が行われる。

 阪神芝3200mでは、5月2日に天皇賞・春(4歳上・GI)を実施。2006年の外回りコース新設以来、使用例のないコースのため、天皇賞を前に同距離のレースが編成されたとのこと。

 JRAの平地条件戦で3000m以上のレースが実施されるのは、2000年11月に京都競馬場で行われたドンカスターS(3歳上・1600万下・芝3000m)以来、およそ20年ぶり。

 また、1月5日の万葉S(4歳上・OP・ハンデ)は、中京競馬場の芝3000mで実施。こちらも2012年の中京競馬場改修以降では、初めて使用されるコースとなる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す